40代だからこそ、若いセフレを作れるチャンス

40代なんてもうオジサンだから若い女性には相手にされない。
そんなふうに思っている40代の男性は多いでしょう。
ですが、40代だからこそ逆に若い女性から支持される可能性があると言えます。
例えば同世代の場合、女性の方が精神面でずっと大人です。
そのため同世代の男性は子どもっぽくて頼りにならない。
そんなふうに不満に思っている女性は少なくありません。
それに若い世代なら、経済的に余裕がなく、またセックス経験もそれほど経験を積んでいる訳ではありません。
そのため性欲が強すぎて、暴走し自分勝手なセックスをしてしまいがちです。
そしてそんな勢いだけのセックスでは女性を満足させる事が出来ません。
対して40代の男性は年の功として、さすがに若い女性と比べると精神的に大人だと言えます。
そして経済的にもそれなりに余裕があって、セックス経験もあるため、女性がどうすれば気持ちよくなれるのか熟知しています。
40代なんて福山雅治レベルじゃないと若い女性から選ばれる事はない。
男性はそう思いがちですが、実は若い女性は同世代の男性よりも、40代の男性の方をやれるセフレにしたいと思っているものです。
ただし、見るからに疲れたオジサンではなく、オジサンだけどオシャレをする気持ちは忘れないで下さい。

自分の性癖を正しく理解している

あなたは自分の性癖を正しく理解していますか?
若い頃から自覚しているという人もいますが、多くの人が自分の性癖を理解していません。
なぜならその人が普段しているセックスはノーマルなセックスで、そのセックスしか経験した事がないので、セックスとはそういうものと思っているのかもしれません。
ですが、中には恋人がちょっとマンネリ予防のために、ソフトSMで目隠しをして手首を縛られたら、今までにないぐらい感じてしまった。
そこで自分の性癖を初めて自覚したなんてケースもあるわけです。
ソフトSMぐらいなら、恋人同士でもプレイをする可能性もありますが、もっとハードなプレイに関してはそうそうする機会もありません。そのため多くの人が自分の性癖を知らないままなのです。
しかしそれではセックスを楽しめていない状態ですから、勿体ないと言えるのではないでしょうか?
もっとセックスを楽しむために、いろいろなセックスプレイを楽しんで自分の性癖を探ってみてはいかがでしょうか?
ただし、その相手は恋人では嫌われてしまったり、引かれてしまったら大変なので、やれる相手に行いましょう。
そしていろんなプレイを試してみて、自分にしっくりハマる性癖を見つけたら、とことんその世界に入り込みましょう。